のがたクリニックは外来・在宅医療の総合クリニックです   
医療法人社団 愛誠会 のがたクリニック
copyright©2007 Nogata Clinic, all right reserved.
ごあいさつ診療案内設備機器在宅医療よくある質問トピックスアクセスプライバシー
 
よくある質問
当院に寄せられる、ご質問やお問い合わせをまとめてみました。こちらに掲載されていない場合はお気軽にお問い合わせください。
  診療の予約はできますか。
  申し訳ありませんが、診療予約は行っておりません。受け付け順に診療しておりますが、ご用時のある方は受付後診療所を離れることも可能です。離れる旨を、受付にお伝えください。
  健康診断を受けたいのですが。
  各種健康診断に対応しております。所定の書式をお持ちの方は、ご提出ください。一般書式をご希望の方は、検査項目をお知らせください。受付に、一般書式のサンプルがありますので、ご相談ください。区民健診希望の方は、電話にて予約してください。
  血液型を知りたいのですが。
  外来にて採血を行い、結果は2,3日後になります。保険外診療となりますので、ご了承ください。
  頭を強打して、吐き気がするのですが。
  急患は優先的に診療しております。受付またはナースに申し出てください。1階外来に、2ベッド、2階には6ベッドを用意しておりますので、休むことも可能です。医師が必要と判断した場合、CT検査も可能です。
  薬だけをもらえますか。
  保険診療では、薬だけの処方はできません。どうしてもお急ぎの方は、受付に申し出てください。比較的手の空いた医師が診察し、処方しております。
  ジェネリックに代えて欲しいのですが。
  当院では、院内薬局にて薬をお出ししております。現在ジェネリック薬は、ほとんど取り扱っておりません。一般にジェネリック薬は、効能・効果が未確認のため、評価が定まっておりません。しかし、効能・効果が認められたものから、順次採用しております。また、院外処方箋では、ジェネリックに変更することは可能ですので、医師にご相談ください。
  院内処方と院外処方では、どちらの方が良いのですか。
  一概にどちらが良いか言えません。当院は、院内処方ですが、2名の薬剤師が調剤し、薬の説明を行っております。飲みやすいように一包化の包装も行っております。薬の間違えがないように、細心の注意を払い、お引渡しの際に患者さんとご一緒に確認させていただいております。お気づきの点がありましたら、ご連絡ください。
  水ぼうそうだと思うのですが、他の人にうつってしまわないですか。
  お子さんで、水痘、麻疹、風疹など感染性の病気と思われる方は、受付に申し出てください。処置室または個室にてお待ちいただけるように、配慮しております。また、インフルエンザだと思われる方は、必ずマスクをして来院なさってください。
  救急車で受診できますか。
  申し訳ありません。当院は救急指定ではないので、救急車は利用できません。体の不自由な方で、受診の必要な方は、介護タクシーをご利用ください。
東京民間救急コールセンター:0570-039-099
  エイズやHIV抗体の検査はできますか。
  保険診療で行っております。プライバシー保護のため、あらかじめ電話をされて来院することをお勧めいたします。
  胃カメラを眠ってする方法があると聞いたのですが、やっていますか。
  可能ですが、検査終了後1時間ベッドで安静にしていただいております。医師の診察が必要ですので、診察のときにご相談ください。平成18年10月から、鼻から挿入する内視鏡が始まりました。嚥下反射が少なく、検査前の注射もなく、とても楽な検査となっております。
  大腸のポリープは、外来で取れますか。
  可能ですが、ポリープの大きさ、形状にもよります。また、ポリープ切除後の出血や穿孔を防止するため、2週間注意が必要です。安静・食事・入浴・仕事などに関する注意事項がありますので、検査前の説明を良く守ってください。また、バファリンなどの抗血小板薬は、検査前1週間中止する必要があります。
  早期の胃がんを内視鏡で治す方法は、どこでやっているのですか。
  早期の胃がん、食道がんの一部は、ESD(内視鏡的粘膜下切除術)という方法で、治療が可能となってきました。東京警察病院、東京医大、JR東京総合病院、女子医大など当院と連携し専門医のいる病院をご紹介しております。
  往診してもらえますか。
  申し訳ありませんが、往診は行っておりません。ただし、体が不自由など通院困難な方は、在宅医療を行っております。2週に1、2回医師がご自宅を訪問し、診療を行う制度です。受付にご相談ください。
  祖父が怒りっぽく、頑固になりました。どうしたらよいのですか。
  もしかしたら認知症かも知れません。しかし、頭部外傷による慢性硬膜下血腫の可能性もあります。診察の上、CT検査や認知症検査などを行います。最近では、認知症の進行を抑える薬が開発され、ある程度効果があります。また、専門医の治療が必要な方は、ご紹介しております。
  不眠症は、治りますか。
  不眠症には、入眠困難、中途覚醒、熟眠困難などのさまざまなタイプがあります。症状に応じた薬を処方しておりますが、薬を飲まずに眠れることが最良です。交感神経がいら立っていたり、睡眠に対する恐怖感が強いなど、さまざまな原因が見られます。当院では、薬の処方だけでなく、リラクゼーションワーク(保険外)により、緊張を開放する療法を紹介しております。
ホームページへこのページのトップへ
医療法人社団 愛誠会 のがたクリニック
〒165-0027 東京都中野区野方1-40-1
のがたクリニックTEL
お問い合わせはお気軽にどうぞ
 
ごあいさつ診療案内設備機器在宅医療 トピックスアクセスプライバシー